婚約相手の裏切りと豹変

どうにか気持ちを取り戻したい、その一心だった。

「このままではお前のことを嫌いになりそう、別居したい」
付き合い当初から私のことをとても好いていた彼からは想像出来なかった言葉だった。
最後の晩餐にも近い食事の際、会える時には会おうという彼の呑気な言葉に腹立たしさ感じ、別居すると決めた以上会わないと私は断言した。
私は実家に、彼はそのまま自宅に。

 

別居生活が始まってすぐに実家での両親からの心配からの暴言が酷く、そのたびに別居を提案してきた彼を恨んだ。
始めは絶えていたものの、口を開けば「これからどうするつもり?」「こんなことになるだろうと思っていた」等という両親の言葉に限界が達し、彼に電話をかけ思いのまま怒りをぶつけた。
それまで私が別居に対する不満等に対し謝罪を述べていた彼は、その電話を境に人が変わったように私に怒鳴り散らした。
「もういい、別れよう」暴言の後に言われたその言葉に、私はハッと我に返り何度も何度も引き止めようとした。
私の反抗にうんざりしたのか彼はポロリと本音を。
「お前のことなんかもう好きじゃない」
その時私は初めて、彼の心に自分がいないということを悟った。

 

 

携帯を隠れて見てしまった

ある日、彼と子供と久々に自宅に帰ることがあった。
彼と子供が昼寝をしている時、ふと彼の枕元にある携帯を目にする。
良くないとは思いながらもどこか彼がまだ自分に気持ちがあるということに期待したかったこともあり、恐る恐るメールのフォルダを開いた。
女性とのメールは無かったが、何故かそれが不自然としか思えなかった。
関係の無い男友達とのメールを開いていく内に、決定的な内容を目にしてしまう。
「あの子のことはお前に託したよ」

 

まるで彼にエールを送るような内容に、それに返信した彼の前向きな返信の内容に、私は咄嗟に寝ていた彼の頭を殴った。
何故殴られたのか分からない彼はとても不機嫌そうな顔で私を見た。
どういうことかとメールを突きつけると、少しは目を見開いたものの、すぐにそれがどうしたのかと開き直った。
それから何度問い詰めようと「お前には関係のない」の言って張り。
仕舞いには勝手に人の携帯を見るなと怒鳴られ、それでも食いかかる私に、彼が初めて手を上げた。
ショックで気が狂いそうだった私は子供を連れて家を飛び出し、追いかけて来る彼を無視し、そのまま実家へと戻った。

 

 

社長という名で登録していた浮気相手

それから私は人が変わったかのように彼にしつこく付きまとうようになった。
どうにか気持ちを取り戻したい、その一心だった。
ちょうどその頃、二人目の妊娠が分かった。
素直にその事を彼に話すと、彼は私が自宅に戻ることを了承してくれた。
浮気しててもいい、私と居てくれたらそれでいい。
彼に冷たくされようとも、家政婦のように扱われようとも、彼が私のことをもう一度好きになってくれることを信じ毎日を過ごした。
それでも彼が寝てからの携帯のチェックはやめられなかった。
後に、彼が社長だと言い度々電話で外に出ることが多かったその社長が浮気相手だったことが分かる。
社長という名前で登録されたアドレス帳の誕生日が、明らかに私よりも歳が若かった。
私はその事を彼には告げず、ただひたすら夜な夜な涙を流した。
その相手が前に一度、彼氏らしき人を引き連れて一緒に遊んだ人だからだった。
彼はあの頃から浮気していたという事実に、呆然と涙を流すことしか出来なかった。

 

 

それからしばらくし、彼は前の優しい彼に徐々に戻っていった。
浮気した事実を認めはしないものの、それまで渋っていた入籍についても前向きに考えてくれ、その年が終わるギリギリに籍を入れた。
その間も完全に切れていたと思っていた浮気相手とのメールを見つけたりと途中危ない場面があったが、「あなたの言う通り、もう別れよう」という相手からのメールを目にしたとき、私は長い戦いが終わったのだと初めて心から安堵した。

 

↓浮気調査をするならタントで決まり

関連ページ

やはり探偵が不倫調査には向いている
恋人や結婚相手が浮気している兆候があったり、浮気しているのか不安な場合は、浮気をしているのかを調べるというのが一番手軽な方法になってきます。
不倫にいたる心理状態とは
手を繋いだからと言って直ぐに浮気とはなりませんが、パートナーがいる場合に一線を越えてしまった時は浮気とみなされてしまいます。
現役探偵が語る浮気事情
一昔前の浮気や不倫のイメージといえば、男女が人目を忍んで密会し、ネオン街に消えていくというのが一般的でしたが、最近では一昔前の浮気のパターンは殆ど見なくなりました。
離婚した現在32歳の女です
当時のOLの仕事にも慣れ、周囲の友人たちも結婚に踏み切る人が多くなってきたときだったので当時交際していた彼氏にプロポーズされた際にはさほど悩まず承諾しました。
浮気調査に同行しました
あまりする人はいないでしょうが、半分興味本位で自分自身が時間を使い調査が終わるまで同行させていただきました。おそらくこんな人はいないでしょう。
慰謝料で探偵費用を穴埋め
現在40歳の男性会社員ですが、以前妻の浮気調査のために有本調査室という探偵会社に依頼しました。
プロの探偵事務所へ依頼したとき
夫がここ数年、平日も会社近くのビジネスホテルへ宿泊するようになり自宅へ帰宅しなくなってきたので、もしかして浮気しているのかな?と感じたこともありました。
決定的証拠を見つけた後はどうする?
浮気の疑惑があった場合、ほとんどのケースで、その疑惑が晴れることはないようです。
わかりやすいケースは短期間で済む
実際に私の妹は、自身の旦那の浮気調査にて興信所に依頼したことがあります。
意外と多い配偶者の親と・・・
浮気にはいろいろなパターンがありますが、その中で女性が歳の離れた年上の男性と浮気するケースは多々ある気がします。
様子がおかしいと感じたんです
結婚生活8年目を迎え、2人の子供にも恵まれた私は幸せな家庭にしていこうと、仕事も頑張り休日は妻と子供に出掛けたりと自分の理想とする家庭を実現するために努力をしていました。
必ず通らなければならない道で
私の友人のご主人は郵便局員として働いていましたが、生活のためにファーストフードでかけもちアルバイトをしていました。
不倫をしているあなたへ
不倫は自身もしくは相手のパートナーを裏切る行為、不法行為なので、できることなら制裁を受けずに幸せな甘い蜜だけを吸っていたいというのが多くの方の本音でしょう。
知る人ぞ知る盗難防止アプリ
相手の携帯が触れる人は、盗難防止アプリを相手の携帯に入れると、自分のパソコンへ相手の通話、居場所、検索したことやメール全てがわかります。
男性の浮気原因とは
男性の中には奥さんがいるにも関わらず、浮気をしている方も少なくはないかと思われます。