依頼の仕方にも注意しよう

見本となる浮気調査への依頼の具体例

一言で浮気調査といっても、そのケースには様々なカタチのものがあることはいうまでもありません。
そうした事からも、それぞれの疑わしいケース毎においての調査依頼のやり方が必要になるといえます。

 

このため、まずは何より、現在の自分がパートナーに対しての疑いがある日常面においての素行に関してのきっかけといったものについて、具体的に把握をしておく必要性があります。

 

この事からまず、そうした面において大変見本となるべき調査依頼のあり方について一例を挙げてみたいと思います。

 

このケースでは依頼者が30代半ばの若い主婦の方ですが、夫が急にある時期からいきなり頻繁に外泊をするようになり、しかも行き先を明かさずに出掛けるようになったのに疑いを持ち、探偵事務所への調査依頼を行った例にあたります。

 



 

家庭状況などもとくに問題などは無く保育園に通う一人娘のお子さんにも両者とも大変優しく、そのうえ夫婦間でのケンカや家庭内暴力なども皆無な家庭環境でしたが、いきなりの事態といったこともあり、それを懸念して依頼に至ったという事情でした。

 

そして依頼者が示した手書きのメモを基に、探偵事業者は相談に応じ最初はただの単なる心配性であると考えてはいましたが、メモの内容を把握するにつれて事態の変化に気付き、調査を開始したという経緯でした。

 

そして約1週間の調査の結果、夫が実はキャバクラ嬢に惚れてお金を貢いでいた事実がわかり、依頼主である妻の方へ弁護士を紹介して離婚調停に無事に踏み切ることが出来たという結果でした。
このように誠意を持ちながら、調査の依頼をする事がとても大切であると考えさせられます。

 

↓浮気調査をするならタントで決まり

関連ページ

成功報酬というカラクリの裏側
浮気調査を探偵事務所に成功報酬で依頼すればお得な感じもしますが、通常はそうではありません。
調査会社の見つけ方
家族同士間においての信頼性などに関わる問題としての調査依頼の件であるという事を認識しながら、事前準備に取り組んでいくという姿勢が大切です。
必要経費の目安について
これは浮気調査などに限らず、大抵の調査会社や探偵事務所などの調査事業者への依頼を行う際には、どうしても相談の時点からお金が必要になります。
探偵事務所か興信所かどちらを選ぶ
興信所と探偵事務所の違うところですが、格別違うところがないのですが、おおきな違いは調査方法でしょう。
探偵事務所は全国に約5700社
探偵事務所ってどのぐらいの数が全国にあるのかご存知でしょうか?
証拠をつかむことが大切なことです
探偵に頼めば、本当に浮気をしているかがはっきりとわかります。
探偵に依頼するときの注意点
浮気調査は自分では証拠などを掴めないので、探偵にやってもらうという方法が1番賢明になることもあります。
諸経費の内訳概要
やはり浮気調査などという、依頼主本人の家族の一員である人物に関しての調査の仕事を、家族以外の第三者である赤の他人へ依頼をするわけですので、当然のことながらそれなりの諸経費が掛かる事はいうまでもありません。
最低60万円くらいを用意する?
これまで日常生活を共にしてきた、信頼をしていた家族の一員である自分の夫や妻に関しての、浮気の有無に関する調査を、その対象者である本人には秘密で行う内容ですので、本人に知られたりしたら大変な事態になることなどもあらかじめ、想定をしたりしておく必要があります。
2日間24万円でバッチリ黒でした
私には約6年交際している男性がいました。その人とは21歳の時に出会って交際スタートして、27歳の時にプロポーズされたのです。
探偵に頼むのがベターです
みなさんはこれまでに浮気調査を探偵に依頼した事はありますでしょうか?
浮気調査の事前調査
証拠の用意や証人、用意資金などの準備ももちろんではありますが、それよりも、その調査を依頼しようとしている調査会社自体が本当に信用・信頼できるかどうかについても、ようく念入りに下調べをしておく必要性がある場合もあります。